浜松の孤独なナンパ師拓司の女性からモテるコツ

浜松の孤独なナンパ師拓司の女性からモテるコツ

ナンパをする時に大切にしていることがある。それは最初の勇気だ。これができないと何をするにしてもうまくいかないのだ。

 

 

 

孤独なナンパと書いているが、かなり僕のスケジュールは孤独に満ち溢れている。仕事は普通のサラリーマン。まさか会社の同僚や後輩は僕がナンパをしている事なんて想像もしてないだろう。

 

 

 

そう。別に外見はチャラくないし、どちらかといえば普通の部類に当てはまる。

 

 

 

きっかけはたったの一つ。そう。女性からモテたい。簡単に言うと知り合いを増やしたいし、別に体の関係じゃなくても一緒に遊べる異性が欲しかったのだ。
債務整理の知識は簡単には手に入らないけど、費用ならこのサイトを参考にすればいいのだ。

 

 

 

 

人生が大きく変わる程のインパクトのあった出来事と言えば、生まれて初めて自分から告白したことです。私は恋愛に対して奥手の方なので、
自分から告白するなんてことは考えてもみませんでした。しかし、彼と会った時は、なぜか自分から告白してしまうぐらい好きになってしまったのです。

 

 

 

初めての告白はとても面と向かって言う勇気がなかったので、ラブレターで行いました。シンプルに「好きです。付き合って下さい。」と書きました。今思うと、顔から火が出る程恥ずかしいことをしたと思うのですが、あの時は不思議と告白する勇気が出たのです。本人に渡すことができなかったので、友人に頼んで渡してもらいました。手紙には、電話番号を書いておいたので、もしOKなら電話をしてもらうようになっていました。

 

 

 

その日1日は、彼から電話がくるかどうかでドキドキが止まりませんでした。お昼を過ぎ、夕方を過ぎても電話がこなかった時には、ラブレターを送ったことを後悔しました。そして、夜8時ぐらいになって、半分諦め半分の気持ちになった時、彼から電話がかかってきたのです。そして、めでたくお付き合いすることになりました。

 

 

 

彼から電話がかかってきた時は、家中を飛び跳ねるぐらい嬉しい気持ちになりました。人生であんなに嬉しいと思ったことがないぐらい嬉しかったです。

 

昨年父を亡くしました。
父は俺様的な性格で、とても家族には偉そうにしています。

 

 

子どもの頃は父親というのはそういう存在だと思っていましたし、母も従順に従っていたのでさほど疑問には感じませんでした。
しかし、年頃になってくると段々と父のことが鬱陶しくなり、私の方から余り話しかけることはなくなりました。
社会人になると、家を出たこともあり、父と会話するのは正月くらいのものでした。

 

 

父の具合が悪くなり、年に数度実家に顔を出し、父の様子をうかがっても、痴呆が進んだためまともな会話にはならず、早々に話を切り上げていました。
偉そうにしていた父はさらに偉そうになって、そして子どものように甘えたで頑固になっていました。

 

 

 

家族は手を尽くしていましたので、父が亡くなったとしても悔いはないという感じで、私もたまに介護を手伝っていましたので、これ以上父が衰えていく姿を見たくなくて、そろそろ終わりにしてもいいんじゃないかとまで考えるようになりました。
父が施設に入り、それから体調を急変させ、いよいよ危ないという時に病院へかけつけました。

 

 

父は病院のベッドに横たわり、目をぱちぱちさせていました。
私が父に「私のことわかる?」と聞くと、頷いて「自転車、行くか?」と言ったのです。
自転車、行くか?って何だろと思っていたのですが、母が「あなたが子ども時に自転車の乗り方を教えてたことを思い出してるのかも」と言いました。

 

 

 

そういえば、私が小学1年生の時に、父はすぐに会社から戻ると、私に自転車の乗り方を教えてくれていました。私は運動音痴だったので、完璧に乗りこなせるまで一か月くらいかかったと思います。
こけて泣くたびに父が「泣くな!」と怒鳴り、私は増々大泣きしたのを今でも昨日のことのように覚えています。

 

 

私がもうやらないと言い出した時、父が「そんなことではこれから何があっても途中で投げ出す!」と言って、諦めさせてくれませんでした。

 

 

 

 

私のきつい性格、よく言えば何事も諦めずに突き進む根性は、あの時に芽生えたのかもしれません。
父が厳しかったから遠ざけていましたが、私も父に似ていたので、そばにいるのが苦しかったのだと思います。だけど、父から自転車の乗り方を教えてもらった思い出のお陰で、今も諦めることを知らない人間になれたのだと思い、これからの大切にしていこうと考えています。

 

 

 

 

何事にも執念をモテ!

 

 

 

 

参考にしているブログがあるのですが、あくまでもナンパのブログサイトです。でもすごく確実性を高めるような他にはないような内容になっている。

 

 

 

私なりに考えると多くのジャンルのブログがあるけど、確かにナンパブログってあまり多くないかもね。

 

 

 

そういう意味でもこの大阪のナンパブログは優れているね。

 

 

 

ワンナイトラブをする為の方法や出会い方は意外と知らない人が多いような気がしています。

 

 

良い出会いを作らなければワンナイトラブは正直無理かなと思いますね。ビジネスも恋愛も凄く似ているけど、やったらやった人が変われる。
有る意味成功法則は世の中に出回っているけど、現実的に実行できるかどうかの分け方が世の中では多いのだ。

 

 

http://xn--o9jo1nofi8esgvbxb.com/